算術演算子

広告

演算子の中でも四則演算などを行う算術演算子について確認していきます。

演算子名前記述例意味
+加算a + ba に b を加える
-減算a - ba から b を引く
*乗算a * ba に b をかける
/除算a / ba を b で割る
%剰余a % ba を b で割った余り

使用方法としては次のようになります。

8 + 3
4 * 7

例えば「8 + 3」と書かれた部分は「11」と演算された結果を書いた時と同じ扱いになります。そこで今までのサンプルのように「printf」を使って演算結果を画面に表示させることもできます。

printf("%d¥n", 8 + 3);
printf("%d¥n", 4 * 8);

このように数値などを記述していた箇所に演算が書かれていた場合は、その演算を行った結果を記載した場合と同じです。

変数に演算結果を格納する

演算結果を変数に格納することも出来ます。例えば次のように記述します。

int sum;
sum = 8 + 3;

上記では「8 + 3」と言う演算を行った結果を「=」の左側にある変数「sum」に格納します。結果として変数「sum」には「11」が格納されます。先に「8 + 3」と言う演算が行われますので次のように記述された場合と同じです。

int sum;
sum = 11;

「=」も演算子の一つですが、「+」と「=」では「+」演算子の方が優先順位が高いため先に加算が行われ、その後で代入が行われています。演算子の優先順位は別のページで詳しく見ていきます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルプログラムを作成して試してみます。

test1-1.c

#include <stdio.h>

int main(void){
  int sum;

  printf("5 + 4 = %d¥n", 5 + 4);
  printf("6 - 2 = %d¥n", 6 - 2);
  printf("3 * 2 = %d¥n", 3 * 2);
  printf("9 / 4 = %d¥n", 9 / 4);
  printf("9 %% 4 = %d¥n", 9 % 4);

  sum = 10 + 8;
  printf("sum = %d¥n", sum);

  return 0;
}

上記を「test1-1.c」の名前で保存します。まずコンパイルを行います。

算術演算子

コンパイルが終わりましたら「test1-1」と入力して実行します。

算術演算子

各演算を行った結果が表示されました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)