MinGWに含まれるGCCを利用してC/C++のプログラムをコンパイルする

広告

MinGWに含まれるGCCを使ってC言語やC++のプログラムをコンパイルを行う手順について解説します。

C言語のプログラムをコンパイルして実行する

簡単なC言語のプログラムを作成し、コンパイルを行ってみます。テキストエディタを起動し、次のように入力してください。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

任意のディレクトリにファイルを保存します。今回はファイル名を「sample.c」としました。

p7-1

コマンドプロンプトを起動し、C言語のプログラムを保存したディレクトリへ移動します。

c:¥code¥c>

コマンドプロンプトで「gcc sample.c」と入力して実行してください。次のように表示されればコンパイルは正常に完了し、実行プログラムとして「a.exe」が作成されます。

c:¥code¥c>gcc sample.c

c:¥code¥c>

それでは作成されたプログラムを実行してみます。コマンドプロンプトで「a」と入力して実行してください。

c:¥code¥c>a
Hello, World!

c:¥code¥c>

プログラムが実行され、コマンドプロンプトに「Hello, World!」と出力されました。

なおGCCでは作成される実行ファイル名を指定しない場合、「a.exe」という名前で作成されます。実行ファイル名を指定する場合は「-o ファイル名」をつけて「gcc -o sample sample.c」のようにコンパイルします。

c:¥code¥c>gcc -o sample sample.c

c:¥code¥c>

ディレクトリに含まれるファイルを確認してみると実行ファイルとして「sample.exe」が作成されていることが確認できます。

c:¥code¥c>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルは Windows です
 ボリューム シリアル番号は 6A14-7FB1 です

 c:¥code¥c のディレクトリ

2018/10/15  22:20    <DIR>          .
2018/10/15  22:20    <DIR>          ..
2018/10/15  09:06                87 sample.c
2018/10/15  22:19            54,022 sample.exe
               2 個のファイル              54,109 バイト
               2 個のディレクトリ  47,726,084,096 バイトの空き領域

c:¥code¥c>

C言語のプログラムをGCCを使ってコンパイルを行い、そして実行することができました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)