Visual Studioを使いコマンドラインからC/C++のプログラムをコンパイルする

広告

Visual Studioの統合開発環境を使わずにコマンドラインからC言語やC++のプログラムをコンパイルを行う手順について解説します。

開発者コマンドプロンプトを起動する

Visual Studioを使ってコマンドラインからコンパイルを行う場合、あらかじめ用意された「開発者コマンドプロンプト」を使用すると便利です。デスクトップ左下にあるスタートボタンをクリックし、表示されたアプリ一覧の中の「Visual Studio 2017」をクリックしてください。そして「開発者コマンドプロンプト for VS 2017」をクリックしてください。

p5-1

開発者コマンドプロンプトが起動します。

p5-2

コマンドプロンプトで「cl」と入力し実行してください。

C:¥pg¥Microsoft Visual Studio¥2017¥Community>cl

次のように表示されればコンパイルを行える状態です。

C:¥pg¥Microsoft Visual Studio¥2017¥Community>cl
Microsoft(R) C/C++ Optimizing Compiler Version 19.15.26730 for x86
Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.

使い方: cl [ オプション... ] ファイル名... [ /link リンク オプション... ]

C:¥pg¥Microsoft Visual Studio¥2017¥Community>

もし次のように表示されてしまう場合には、Visual Studioのインストールが正常に完了しているかどうかなど確認されてください。

C:¥pg¥Microsoft Visual Studio¥2017¥Community>cl
'cl' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

C:¥pg¥Microsoft Visual Studio¥2017¥Community>

C言語のサンプルプログラムをコンパイルする

それでは簡単なC言語のプログラムを作成し、コンパイルを行ってみます。テキストエディタを起動し、次のように入力してください。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

任意のディレクトリにファイルを保存します。今回はファイル名を「sample.c」としました。

p5-3

それでは開発者コマンドプロンプトを起動してください。

p5-4

C言語のプログラムを保存したディレクトリへ移動します。

C:\pg\Microsoft Visual Studio\2017\Community>cd c:\code\c

c:\code\c>

コマンドプロンプトで「cl sample.c」と入力して実行してください。次のように表示されればコンパイルは正常に完了し、実行プログラムとして「sample.exe」が作成されます。

c:\code\c>cl sample.c
Microsoft(R) C/C++ Optimizing Compiler Version 19.15.26730 for x86
Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.

sample.c
Microsoft (R) Incremental Linker Version 14.15.26730.0
Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.

/out:sample.exe
sample.obj

c:\code\c>

それでは作成されたプログラムを実行してみます。コマンドプロンプトで「sample」と入力して実行してください。

c:\code\c>sample
Hello, World!

c:\code\c>

プログラムが実行され、コマンドプロンプトに「Hello, World!」と出力されました。このように作成したC言語のプログラムをコマンドラインからコンパイルを行い、そして実行することができました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)