プログラムの実行

広告

プログラムが記述されたソースコードをコンパイルすると実行ファイルが作成されます。

プログラムの実行

作成された「test1-1.exe」ファイルが実行ファイルです。実行ファイルは拡張子が「.exe」となっています。(他に「test1-1.obj」と「test1-1.tds」と言うファイルも作成されていますが気にしないで下さい)。

それでは実行ファイルを実行してみます。実行する場合には実行ファイルのファイル名から拡張子である「.exe」を取り除いた部分をコマンドプロンプトで入力します。

プログラムの実行

今回は標準出力に「Hello World!」と出力するプログラムですので、実行すると上記のように「Hello World!」と表示されます。

今回作成した「test1-1.exe」は単独で実行可能なアプリケーションです。このファイルだけを別の場所に移動しても実行できますし、他のWindwosが入ったPCなどにファイルをコピーしても実行することが出来ます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)