Tomcat側の用意

広告

最初に Tomcat 単体で動作するところまで準備を行います。今回は「Hello World」とだけ表示するサーブレットを Apache 経由で動作させることを目標とします。

Tomcat側の用意

今回作成するサーブレットアプリケーションは「D:\servlet-sample\helloworld\」内に配置します。それに合わせてコンテキストファイルを用意します。

<Context path="/hello"
docBase="d:/servlet-sample/helloworld"/<

作成したコンテキストファイルは「(Tomcatをインストールしたディレクトリ)\conf\Catalina\localhost」に設置しておきます。

動作させるサーブレットとしては次のようなものを用意します。

import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class HelloWorld extends HttpServlet {
  public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws IOException, ServletException{

    response.setContentType("text/html");
    PrintWriter out = response.getWriter();
    out.println("<html>");
    out.println("<head>");
    out.println("<title>Hello World!</title>");
    out.println("</head>");
    out.println("<body>");
    out.println("<h1>Hello World!</h1>");
    out.println("</body>");
    out.println("</html>");
  }
}

コンパイルを行いclassファイルを作成しておいて下さい。

web.xmlファイルは次のようにします。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee 
     http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
    version="2.4">

    <servlet>
        <servlet-name>helloworld</servlet-name>
        <servlet-class>HelloWorld</servlet-class>
    </servlet>

    <servlet-mapping>
        <servlet-name>helloworld</servlet-name>
        <url-pattern>/helloworld</url-pattern>
    </servlet-mapping>

</web-app>

作成したweb.xmlファイルは「D:\servlet-sample\helloworld\WEB-INF\」内に配置し、classファイルは「D:\servlet-sample\helloworld\WEB-INF\classes\」内に配置します

Tomcat側の用意

では試してみます。「http://localhost:8080/hello/helloworld」にブラウザからアクセスしてみます。

Tomcat側の用意

上記のように表示されれば準備は完了です。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。