logresolve:ログに記録されたIPアドレスをホスト名に変換する

広告

Apache のログに IP アドレスを記録するように設定していた場合に、あとから一括で IP アドレスをホスト名に変更するためのツールとして logresolve.exe が用意されています。ここではログに記録された IP アドレスをホスト名に変換する logresolve ツールの使い方について解説します。

logresolveツールの使い方

ログのフォーマットとしてアクセス元のホスト名を記録するように指定することもできますが、 IP アドレスで記録した場合にあとから一括してホスト名に変換するための logresolve ツールが用意されています。 Apache をインストールしたディレクトリの中の bin ディレクトリの中に含まれています。

logresolveツールの使い方(1)

使い方は次の通りです。

logresolve < 対象ログファイル

変換したログが標準出力に表示されます。これを別のファイルに保存する場合には次のように実行して下さい。

logresolve < 対象ログファイル > 変換後ログファイル

それでは実際に試してみます。コマンドプロンプトを起動したあと bin ディレクトリに移動してから次のように実行してください。(下記はログファイルが (Apacheをインストールしたディレクトリ)\logs\access.log にある場合です)。

logresolve < ..\logs\access.log > ..\logs\resolve.log

logresolveツールの使い方(2)

すログファイルが置かれているディレクトリに resolve.log ファイルが新規に作成されました。

logresolveツールの使い方(3)

ローカルで動作している Apache のアクセスログなので、アクセス元 IP アドレスが ::1 しかなくあまりいい例ではありませんが、変換元と変換後を比較してみると IP アドレスがホスト名に変換されていることが確認できます。

logresolveツールの使い方(4)

logresolveツールの使い方(5)

-- --

ログに記録された IP アドレスをホスト名に変換する logresolve ツールの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。