ServerAdminディレクティブ:連絡先メールアドレスまたは参照先URLの設定

広告

ServerAdmin ディレクティブは Apache がエラー表示を行う場合などに問い合わせ先となる連絡先メールアドレスまたは参照先 URL を設定するのに使用します。ここでは Apache の ServerAdmin ディレクティブの使い方について解説します。

ServerAdminディレクティブの使い方

ServerAdmin ディレクティブは Apache がエラー表示を行う場合などに、問い合わせ先となる連絡先メールアドレスを表示する時に使われます。書式は次のとおりです。

ServerAdmin メールアドレス|URL

記述できる場所は httpd.conf, VirtualHost です。

メールアドレスまたは問い合わせ先などが記述された URL を記述します。URL を掲載する場合はこの設定ファイルが使われている Apache のサーバとは別のサーバの URL を記述する点に注意してください。 Apache に障害発生時などに問い合わせ先などが記載された URL が同じ Apache のサーバだと結局連絡ができなくなってしまいます。

メールアドレスを記述する場合は次のように記述します。

ServerAdmin contact@example.com

URL を記述する場合は次のように記述します。

ServerAdmin https://www.example.com/contact.html

httpd.conファイルでの記述

httpd.conf ファイルにはデフォルトで次のように記述されています。

#
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed.  This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents.  e.g. admin@your-domain.com
#
ServerAdmin admin@example.com

デフォルトの値はインストール時に指定した管理者のメールアドレスが設定されています。サーバに問題が発生した場合の連絡先メールアドレスを別に用意された場合に ServerAdmin ディレクティブに設定されてください。

-- --

Apache の ServerAdmin ディレクティブの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。