枠線の設定(setBorder, setFrame)

広告

タイトルに枠線を設定する方法を確認します。いくつかの方法が用意されていますので順に確認していきます。

1番目の方法はTextTitleクラスの親クラスである「org.jfree.chart.block.AbstractBlock」で用意されている「setBorder」メソッドを使います。

Sets a black border with the specified line widths.

Parameters:
  top - the top border line width.
  left - the left border line width.
  bottom - the bottom border line width.
  right - the right border line width.

引数には上左下右の枠線の太さをdouble型の値でそれぞれ指定します。このメソッドを使用する場合は枠線の色は黒になります。

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createPieChart(...);   # 引数は省略

TextTitle title = new TextTitle("タイトル");
title.setBorder(2d, 2d, 2d, 2d);

chart.setTitle(title);

上記の場合は太さが2ピクセルの枠線を設定します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test14_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.title.TextTitle;
import java.awt.Font;
import java.awt.Color;

public class Test14_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test14_1 frame = new Test14_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test14_1(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("",
                                   createData(),
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    TextTitle title = new TextTitle("夏の旅行");
    title.setFont(new Font("MS 明朝", Font.PLAIN, 28));

    title.setMargin(5d, 0d, 5d, 0d);
    title.setBorder(2d, 2d, 2d, 2d);

    chart.setTitle(title);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("海外", 30);
    data.setValue("国内", 60);
    data.setValue("行かない", 8);
    data.setValue("未定", 2);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

枠線の設定(setBorder, setFrame)

枠線の色を指定する

2番目の方法はTextTitleクラスの親クラスである「org.jfree.chart.block.AbstractBlock」で用意されている「setFrame」メソッドを使います。

Sets the frame (or border). 

Parameters:
  frame - the frame (null not permitted).

引数にはBlockFrameインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを指定します。実装クラスとしては「org.jfree.chart.block.BlockBorder」と「org.jfree.chart.block.LineBorder」の2つがあり、今回は「org.jfree.chart.block.BlockBorder」を使います。

BlockBorderクラスのクラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • org.jfree.chart.block.BlockBorder
  • public class BlockBorder extends java.lang.Object implements BlockFrame, java.io.Serializable

用意されているコンストラクタは次の5つです。

コンストラクタ
BlockBorder()
Creates a default border.
BlockBorder(double top, double left, double bottom, double right)
Creates a new border with the specified line widths (in black).
BlockBorder(double top, double left, double bottom, double right, java.awt.Paint paint)
Creates a new border with the specified color.
BlockBorder(java.awt.Paint paint)
Creates a new border with the specified color.
BlockBorder(org.jfree.ui.RectangleInsets insets, java.awt.Paint paint)
Creates a new border.

いくつか種類がありますが、枠線の幅と色などを指定できる3番目のコンストラクタを使います。

Creates a new border with the specified line widths (in black).

Parameters:
  top - the width of the top border.
  left - the width of the left border.
  bottom - the width of the bottom border.
  right - the width of the right border.
  paint - the border paint (null not permitted).

1番目から4番目の引数で上左下右の枠線の太さをdouble型の値でそれぞれ指定します。そして5番目の引数にPaintインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを指定します。

Paintインターフェースを実装したクラスはいくつかありますが、今回はColorクラスを使用します。Colorクラスについての詳細は「Colorクラス」を参照して下さい。

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createPieChart(...);   # 引数は省略

TextTitle title = new TextTitle("タイトル");
BlockBorder border = new BlockBorder(2d, 2d, 2d, 2d, Color.RED);
title.setFrame(border);

chart.setTitle(title);

上記の場合は太さが2ピクセルで色が赤の枠線を設定します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test14_2.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.title.TextTitle;
import java.awt.Font;
import java.awt.Color;
import org.jfree.chart.block.BlockBorder;

public class Test14_2 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test14_2 frame = new Test14_2();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test14_2(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("",
                                   createData(),
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    TextTitle title = new TextTitle("夏の旅行");
    title.setFont(new Font("MS 明朝", Font.PLAIN, 28));

    title.setMargin(5d, 0d, 5d, 0d);
    BlockBorder border = new BlockBorder(2d, 2d, 2d, 2d, Color.ORANGE);
    title.setFrame(border);

    chart.setTitle(title);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("海外", 30);
    data.setValue("国内", 60);
    data.setValue("行かない", 8);
    data.setValue("未定", 2);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

枠線の設定(setBorder, setFrame)

線の種類を指定する

3番目の方法は「setFrame」メソッドの引数に「org.jfree.chart.block.LineBorder」を使います。

LineBorderクラスのクラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • org.jfree.chart.block.LineBorder
  • public class LineBorder extends java.lang.Object implements BlockFrame, java.io.Serializable

用意されているコンストラクタは次の2つです。

コンストラクタ
LineBorder()
Creates a default border.
LineBorder(java.awt.Paint paint, java.awt.Stroke stroke, org.jfree.ui.RectangleInsets insets)
Creates a new border with the specified color.

では2番目のコンストラクタを見てみます。

Creates a new border with the specified color.

Parameters:
  paint - the color (null not permitted).
  stroke - the border stroke (null not permitted).
  insets - the insets (null not permitted).

1番目の引数にはPaintインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを指定します。今回もColorクラスを使用します。

2番目の引数には線属性を表すstrokeインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを指定します。Strokeインターフェースを実装したクラスとしては「java.awt.BasicStroke」クラスがあります。線の形状や太さなどの設定が可能です。(詳細は「線属性の設定」などを参照して下さい)。

3番目の引数には上下左右の枠線とタイトルの間の余白を表す「org.jfree.ui.RectangleInsets」クラスのオブジェクトを指定します。RectangleInsetsクラスについては「RectangleInsetsクラス」を参照して下さい。

実際には次のように上左下右の順で余白の量を指定し、RectangleInsetsクラスのオブジェクトを作成して使います。

RectangleInsets insets = new RectangleInsets(1d, 1d, 1d, 1d);

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createPieChart(...);   # 引数は省略

TextTitle title = new TextTitle("タイトル");

float dash[] = {10.0f, 3.0f};
BasicStroke dsahStroke = new BasicStroke(3.0f, 
                                         BasicStroke.CAP_BUTT, 
                                         BasicStroke.JOIN_MITER, 
                                         3.0f,
                                         dash,
                                         0.0f);
RectangleInsets insets = new RectangleInsets(1d, 1d, 1d, 1d);
LineBorder border = new LineBorder(Color.RED, dsahStroke, insets);
title.setFrame(boder);

chart.setTitle(title);

上記の場合は太さが3ピクセル、色は赤、線の種類は破線、余白は1の枠線を設定します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test14_3.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.title.TextTitle;
import java.awt.Font;
import java.awt.Color;
import org.jfree.chart.block.LineBorder;
import org.jfree.ui.RectangleInsets;
import java.awt.BasicStroke;

public class Test14_3 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test14_3 frame = new Test14_3();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test14_3(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("",
                                   createData(),
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    TextTitle title = new TextTitle("夏の旅行");
    title.setFont(new Font("MS 明朝", Font.PLAIN, 28));

    title.setMargin(5d, 0d, 5d, 0d);

    float dash[] = {10.0f, 3.0f};
    BasicStroke dsahStroke = new BasicStroke(3.0f, 
                                         BasicStroke.CAP_BUTT, 
                                         BasicStroke.JOIN_MITER, 
                                         3.0f,
                                         dash,
                                         0.0f);
    RectangleInsets insets = new RectangleInsets(4d, 4d, 4d, 4d);
    LineBorder border = new LineBorder(Color.ORANGE, dsahStroke, insets);
    title.setFrame(border);

    chart.setTitle(title);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("海外", 30);
    data.setValue("国内", 60);
    data.setValue("行かない", 8);
    data.setValue("未定", 2);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

枠線の設定(setBorder, setFrame)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)