パディングの設定(setPadding)

広告

グラフ全体の中で外枠とグラフ部分(グラフ描画領域にタイトルや凡例なども含めたエリア)の間のパディングを設定する方法を確認します。JFreeChartクラスで用意されている「setPadding」メソッドを使います。

Sets the padding between the chart border and the chart drawing area, 
and sends a ChartChangeEvent to all registered listeners.

Parameters:
  padding - the padding (null not permitted).

引数にはRectangleInsetsクラスのオブジェクトを使って上左下右のパディングの量を指定します。RectangleInsetsクラスについては「RectangleInsetsクラス」を参照して下さい。

実際の使い方は次のようになります。

JFreeChart chart = 
  ChartFactory.createPieChart("title", data, false, false, false);

RectangleInsets insets = new RectangleInsets(3d, 3d, 3d, 3d);
chart.setItemLabelPadding(insets);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test9_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.ui.RectangleInsets;

public class Test9_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test9_1 frame = new Test9_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test9_1(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("昼食", createData(), true, false, false);

    RectangleInsets insets = new RectangleInsets(15d, 30d, 15d, 30d);
    chart.setPadding(insets);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("外食", 37);
    data.setValue("弁当", 31);
    data.setValue("食べない", 32);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

パディングの設定(setPadding)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)