極座標グラフのデータ(XYSeriesCollectionクラス)

広告

極座標グラフでは系列を作成し個々のデータを系列に登録していきます。そして全ての系列を系列コレクションに追加します。

系列コレクションにはXYSeriesCollectionクラス、系列にはXYSeriesクラスを使います。これらのクラスについては散布図の場合と同じですので詳しくは「散布図のデータ(XYSeriesCollectionクラス)」を参照して下さい。

実際には次のように記述します。

XYSeriesCollection data = new XYSeriesCollection();

XYSeries series = new XYSeries("系列1");
data.addSeries(series);

これで系列が出来ました。最後に系列毎にデータを登録していきます。

データの登録

系列にデータを登録するにはXYSeriesクラスで用意されている「add」メソッドを使います。

Adds new data to the series and sends a SeriesChangeEvent to all 
registered listeners.

Throws an exception if the x-value is a duplicate AND the 
allowDuplicateXValues flag is false.

Parameters:
  x - the x-value (null not permitted).
  y - the y-value (null permitted).

極座標グラフの場合には1番目の引数に角度、2番目の引数に値を指定します。角度は0から359までの数値で指定します。値は負の値も指定可能です。

今回は次のようなデータを元にグラフを作成します。

角度
080
17020
3060
11010
26050
190-20
2300
33080

実際には次のように記述します。

XYSeriesCollection data = new XYSeriesCollection();

XYSeries series = new XYSeries("系列1");
series.add(0, 80);
series.add(170, 20);
series.add(30, 60);
/* データの数だけ実行 */

data.addSeries(series);

なお極座標グラフでは、グラフ上の点は順に直線に結ばれます。この時、データを登録した順に結ばれるのではなく、全てのデータは角度でソートされた後で順に結ばれます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test2_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.xy.XYSeriesCollection;
import org.jfree.data.xy.XYSeries;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

public class Test2_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test2_1 frame = new Test2_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test2_1(){
    XYSeriesCollection data = new XYSeriesCollection();
    JFreeChart chart = ChartFactory.createPolarChart("極座標", 
                                                    createData(),
                                                    true, 
                                                    false, 
                                                    false);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private XYSeriesCollection createData(){
    XYSeriesCollection data = new XYSeriesCollection();

    XYSeries series = new XYSeries("系列1");
    series.add(0, 80);
    series.add(170, 20);
    series.add(30, 60);
    series.add(110, 10);
    series.add(260, 50);
    series.add(190, -20);
    series.add(230, 0);
    series.add(330, 80);

    data.addSeries(series);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

極座標グラフのデータ(XYSeriesCollectionクラス)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)