折れ線グラフの描画領域(CategoryPlotクラス)

広告

グラフの描画領域を取得し、描画領域に対する設定を行っていきます。ファクトリメソッドを使ってJFreeChartクラスのオブジェクトを作成した場合は、JFreeChartクラスで用意されている「getPlot」メソッドを使ってPlotクラスのオブジェクトを取得します。

折れ線グラフの場合には、取得したPlotクラスのオブジェクトを、PlotクラスのサブクラスであるCategoryPlotクラスにキャストして取得して使います。棒グラフの場合と同じですので、詳しくは「棒グラフの描画領域(CategoryPlotクラス)」を参照して下さい。

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createLineChart(...);      /* 引数は省略 */

CategoryPlot plot = (CategoryPlot)chart.getPlot();

または次のように記述しても結構です。

JFreeChart chart = ChartFactory.createLineChart(...);      /* 引数は省略 */

CategoryPlot plot = chart.getCategoryPlot();

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test6_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.category.DefaultCategoryDataset;
import org.jfree.chart.plot.PlotOrientation;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.plot.CategoryPlot;
import java.awt.Color;

public class Test6_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test6_1 frame = new Test6_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test6_1(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createLineChart("輸入量",
                                   "年度",
                                   "トン(t)",
                                   createData(),
                                   PlotOrientation.VERTICAL,
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    CategoryPlot plot = chart.getCategoryPlot();
    plot.setBackgroundPaint(Color.ORANGE);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultCategoryDataset createData(){
    DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
    String[] series = {"米国", "中国", "インド"};
    String[] category = {"2005年", "2006年", "2007年"};

    data.addValue(300, series[0], category[0]);
    data.addValue(500, series[0], category[1]);
    data.addValue(400, series[0], category[2]);
    data.addValue(200, series[1], category[0]);
    data.addValue(600, series[1], category[1]);
    data.addValue(200, series[1], category[2]);
    data.addValue(100, series[2], category[0]);
    data.addValue(150, series[2], category[1]);
    data.addValue(700, series[2], category[2]);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

折れ線グラフの描画領域(CategoryPlotクラス)

今回は例として描画領域の背景色をオレンジに変更しました。また上記のオレンジの箇所がグラフの描画領域となります。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)