凡例の位置の設定(setPosition)

広告

凡例はデフォルトではグラフの下部に表示されていますが、表示する位置を指定することが可能です。位置を設定するにはLegendTitleクラスの親クラスである「org.jfree.chart.title.Title」で用意されている「setPosition」メソッドを使います。

Sets the position for the title and sends a TitleChangeEvent to all 
registered listeners.

Parameters:
  position - the position (null not permitted).

引数には「org.jfree.ui.RectangleEdge」クラスのオブジェクトを指定します。このクラスでは次の4つのstaticフィールドが用意されていますのでいずれかを指定します。

RectangleEdge.BOTTOM   画面上部
RectangleEdge.LEFT     画面左辺
RectangleEdge.RIGHT    画面右辺
RectangleEdge.TOP      画面下部

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createPieChart(...);    /* 引数は省略 */

LegendTitle legend = chart.getLegend();
title.setPosition(RectangleEdge.TOP);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test9_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.title.LegendTitle;
import org.jfree.chart.plot.Plot;

import org.jfree.ui.RectangleEdge;
import java.awt.Font;

public class Test9_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test9_1 frame = new Test9_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test9_1(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("夏の旅行",
                                   createData(),
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    LegendTitle legend = chart.getLegend();
    legend.setItemFont(new Font("MS 明朝", Font.PLAIN, 20));
    legend.setPosition(RectangleEdge.TOP);
//    legend.setPosition(RectangleEdge.BOTTOM);
//    legend.setPosition(RectangleEdge.LEFT);
//    legend.setPosition(RectangleEdge.RIGHT);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("海外", 30);
    data.setValue("国内", 60);
    data.setValue("行かない", 8);
    data.setValue("未定", 2);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

凡例の位置の設定(setPosition)

今回はRectangleEdge.TOPを指定した場合です。なお他の位置を指定した場合は次のようになります。実行結果だけ表示します。

RectangleEdge.BOTTOM :

凡例の位置の設定(setPosition)

RectangleEdge.LEFT :

凡例の位置の設定(setPosition)

RectangleEdge.RIGHT :

凡例の位置の設定(setPosition)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)