LegendTitleクラス

広告

JFreeChartで凡例を取り扱うためにLegendTitleクラスが用意されています。

LegendTitleクラスのクラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • org.jfree.chart.block.AbstractBlock
  • org.jfree.chart.title.Title
  • org.jfree.chart.title.LegendTitle
  • public class LegendTitle extends Title implements java.lang.Cloneable, org.jfree.util.PublicCloneable, java.io.Serializable

凡例もタイトルやサブタイトルと同じくTitleクラスのサブクラスとなっています。

用意されているコンストラクタは次の2つです。

コンストラクタ
LegendTitle(LegendItemSource source)
Constructs a new (empty) legend for the specified source.
LegendTitle(LegendItemSource source, Arrangement hLayout, Arrangement vLayout)
Creates a new legend title with the specified arrangement.

ここでは1番目のコンストラクタを確認します。

Constructs a new (empty) legend for the specified source.

Parameters:
  source - the source.

引数には凡例に表示される要素の元になるLegendItemSourceインターフェースを実装したクラスを指定します。

LegendItemSourceインターフェースはグラフ描画領域を表すPlotクラスやそのサブクラス、そして描画方法を表すBarRendererクラスなどのRendererクラスなどに実装されており、凡例の元になるJFreeChartクラスのオブジェクトからPlotクラスなどやRendererクラスなどを取得し引数に設定します。使用するグラフの種類に合わせて変更して下さい。

例えば次のように記述します。

JFreeChart chart = ChartFactory.createPieChart(...);    /* 引数は省略 */

LegendTitle legend = new LegendTitle(chart.getPlot());

上記は円グラフの場合です。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test1_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.general.DefaultPieDataset;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

import org.jfree.chart.title.LegendTitle;
import org.jfree.chart.plot.Plot;

public class Test1_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test1_1 frame = new Test1_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test1_1(){
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createPieChart("夏の旅行",
                                   createData(),
                                   false,
                                   false,
                                   false);

    LegendTitle legend = new LegendTitle(chart.getPlot());
    chart.addLegend(legend);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private DefaultPieDataset createData(){
    DefaultPieDataset data = new DefaultPieDataset();
    data.setValue("海外", 30);
    data.setValue("国内", 60);
    data.setValue("行かない", 8);
    data.setValue("未定", 2);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

LegendTitleクラス

「createPieChart」メソッドの引数で凡例を表示しないように設定を行った上で、LegendTitleクラスのオブジェクトを作成しグラフに追加しています。位置を指定していないので凡例はメインタイトルの下のグラフ上部に表示されます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)