ヒストグラムのデータ(HistogramDatasetクラス)

広告

ヒストグラムでは全てのデータを管理するHistogramDatasetクラスのオブジェクトを作成します。そして度数分布として集計するデータの集合毎に系列としてまとめHistogramDatasetクラスのオブジェクトへ追加します。

HistogramDatasetクラスのクラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • org.jfree.data.general.AbstractDataset
  • org.jfree.data.general.AbstractSeriesDataset
  • org.jfree.data.xy.AbstractXYDataset
  • org.jfree.data.xy.AbstractIntervalXYDataset
  • org.jfree.data.statistics.HistogramDataset
  • public class HistogramDataset extends AbstractIntervalXYDataset implements IntervalXYDataset, java.lang.Cloneable, org.jfree.util.PublicCloneable, java.io.Serializable

コンストラクタは1つ用意されています。

Creates a new (empty) dataset with a default type of HistogramType.FREQUENCY. 

次のようにオブジェクトを作成します。

HistogramDataset data = new HistogramDataset();

次に系列としてまとめたデータの集合を登録します。

データの登録

データを登録するにはHistogramDatasetクラスで用意されている「addSeries」メソッドを使います。

Adds a series to the dataset, using the specified number of bins.

Parameters:
  key - the series key (null not permitted).
  values - the values (null not permitted).
  bins - the number of bins (must be at least 1).

1番目の引数に系列の名前を指定します。2番目の引数にはデータの値の配列を指定します。3番目の引数にはデータをいくつの部分に分けて個数を計算するのかを指定します。例えば3番目の引数に10を指定した場合、データ全体を10の領域に分け、各領域に含まれるデータの個数を計算し、グラフとして表示します。

実際には次のように記述します。

HistogramDataset data = new HistogramDataset();

double[] values = {50d, 42d, 64d, 25d, 82d, 46d, 64d, 72d, 38d, 48d,
                   33d, 57d, 52d, 48d, 61d, 91d, 12d, 59d, 52d, 48d,
                   72d, 38d, 69d, 28d, 45d, 57d, 55d, 61d, 76d, 60d};

data.addSeries("数学", values, 10);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test2_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.statistics.HistogramDataset;
import org.jfree.chart.plot.PlotOrientation;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

public class Test2_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test2_1 frame = new Test2_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test2_1(){
    JFreeChart chart = ChartFactory.createHistogram("成績分布", 
                                                    "得点",
                                                    "人数",
                                                    createData(),
                                                    PlotOrientation.VERTICAL, 
                                                    true, 
                                                    false, 
                                                    false);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  private HistogramDataset createData(){
    HistogramDataset data = new HistogramDataset();

    double[] values = {50d, 42d, 64d, 25d, 82d, 46d, 64d, 72d, 38d, 48d,
                       33d, 57d, 52d, 48d, 61d, 91d, 12d, 59d, 52d, 48d,
                       72d, 38d, 69d, 28d, 45d, 57d, 55d, 61d, 76d, 60d};

    data.addSeries("数学", values, 10);

    return data;
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

ヒストグラムのデータ(HistogramDatasetクラス)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)