バブルチャートの作成(createBubbleChartメソッド)

広告

バブルチャートの基本的な作成方法を確認します。

まずChartFactoryクラスの「createBubbleChart」メソッドを使ってバブルチャートを扱うJFreeChartクラスのオブジェクトを作成します。

Creates a bubble chart with default settings. The chart is composed of 
an XYPlot, with a NumberAxis for the domain axis, a NumberAxis for the 
range axis, and an XYBubbleRenderer  to draw the data items.

Parameters:
  title - the chart title (null permitted).
  xAxisLabel - a label for the X-axis (null permitted).
  yAxisLabel - a label for the Y-axis (null permitted).
  dataset - the dataset for the chart (null permitted).
  orientation - the orientation (horizontal or vertical) (null NOT permitted).
  legend - a flag specifying whether or not a legend is required.
  tooltips - configure chart to generate tool tips?
  urls - configure chart to generate URLs? 
Returns:
  A bubble chart.

1番目の引数にグラフのタイトルを文字列で指定します。

2番目の引数にはX軸のラベルを文字列で指定します。3番目の引数にはY軸のラベルを文字列で指定します。

4番目の引数にはグラフのデータをXYZDatasetインターフェースを実装したクラスのオブジェクトで指定します。今回はMatrixSeriesCollectionクラスを使います。詳細は次のページで確認します。

5番目の引数にはグラフの向きを指定します。指定可能な値はorg.jfree.chart.plot.PlotOrientationクラスで定義されており、次のどちらかとなります。

PlotOrientation.VERTICAL    デフォルト
PlotOrientation.HORIZONTAL  X軸とY軸が反転

6番目の引数には凡例を表示するかどうかを「true」か「false」で指定します。

7番目の引数にはツールチップを作成するかどうかを「true」か「false」で指定します。

8番目の引数にはURLを作成するかどうかを「true」か「false」で指定します。

実際の使い方は次のようになります。

MatrixSeriesCollection data = new MatrixSeriesCollection();
JFreeChart chart = ChartFactory.createBubbleChart("収益分析", 
                                                 "ページ数",
                                                 "更新頻度",
                                                 data,
                                                 PlotOrientation.VERTICAL, 
                                                 true, 
                                                 false, 
                                                 false);

実際のデータの追加方法は次のページで確認します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test1_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.xy.MatrixSeriesCollection;
import org.jfree.chart.plot.PlotOrientation;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

public class Test1_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test1_1 frame = new Test1_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test1_1(){
    MatrixSeriesCollection data = new MatrixSeriesCollection();
    JFreeChart chart = ChartFactory.createBubbleChart("収益分析", 
                                                 "ページ数",
                                                 "更新頻度",
                                                 data,
                                                 PlotOrientation.VERTICAL, 
                                                 true, 
                                                 false, 
                                                 false);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

バブルチャート(BubbleChart)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)