グラフの向きを変更

広告

エリアグラフではグラフの向きとして値を表す軸をY軸とX軸で選択することが可能です。どちらを使用するかは「createAreaChart」メソッドの5番目の引数で指定します。

垂直方向であれば「PlotOrientation.VERTICAL」を指定します。例えば次のように記述します。

DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createLineChart("ビールシェア",
                                   "年度",
                                   "シェア",
                                   data,
                                   PlotOrientation.VERTICAL,
                                   true,
                                   false,
                                   false);

水平方向であれば「PlotOrientation.HORIZONTAL」を指定します。例えば次のように記述します。

DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createLineChart("ビールシェア",
                                   "年度",
                                   "シェア",
                                   data,
                                   PlotOrientation.HORIZONTAL,
                                   true,
                                   false,
                                   false);

この時、あくまでエリアグラフの各頂点が表すのは値として設定したデータです。その為、エリアグラフの向きを変えたからといってエリアグラフの頂点が表現する対象は値のままです。また各軸に表示されるラベルもX軸やY軸といった指定ではなく、「項目が配置される軸に対するラベル」のような指定方法ですので、エリアグラフの向きに合わせてその他の設定を変更する必要はありません。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test4_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.category.DefaultCategoryDataset;
import org.jfree.chart.plot.PlotOrientation;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

public class Test4_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test4_1 frame = new Test4_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test4_1(){
    DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
    String[] series = {"キリン", "アサヒ", "サッポロ", "サントリー"};
    String[] category = {"1998年", "1999年", "2000年"};

    data.addValue(44, series[0], category[0]);
    data.addValue(42, series[0], category[1]);
    data.addValue(41, series[0], category[2]);
    data.addValue(30, series[1], category[0]);
    data.addValue(35, series[1], category[1]);
    data.addValue(39, series[1], category[2]);
    data.addValue(20, series[2], category[0]);
    data.addValue(18, series[2], category[1]);
    data.addValue(12, series[2], category[2]);
    data.addValue(10, series[3], category[0]);
    data.addValue(18, series[3], category[1]);
    data.addValue(26, series[3], category[2]);

    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createAreaChart("ビールシェア",
                                   "年度",
                                   "シェア",
                                   data,
                                   PlotOrientation.HORIZONTAL,
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

グラフの向きを変更

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)