エリアグラフの作成(createAreaChartメソッド)

広告

エリアグラフの基本的な作成方法を確認します。

まずChartFactoryクラスの「createAreaChart」メソッドを使ってエリアグラフを扱うJFreeChartクラスのオブジェクトを作成します。

Creates an area chart with default settings. The chart object returned 
by this method uses a CategoryPlot instance as the plot, with a 
CategoryAxis for the domain axis, a NumberAxis as the range axis, and 
an AreaRenderer as the renderer.

Parameters:
  title - the chart title (null permitted).
  categoryAxisLabel - the label for the category axis (null permitted).
  valueAxisLabel - the label for the value axis (null permitted).
  dataset - the dataset for the chart (null permitted).
  orientation - the plot orientation (null not permitted).
  legend - a flag specifying whether or not a legend is required.
  tooltips - configure chart to generate tool tips?
  urls - configure chart to generate URLs? 
Returns:
  An area chart.

1番目の引数にグラフのタイトルを文字列で指定します。

2番目の引数には項目が配置される軸のラベルを文字列で指定します。3番目の引数には値が配置される軸のラベルを文字列で指定します。

4番目の引数にはグラフのデータをCategoryDatasetインターフェースを実装したクラスのオブジェクトで指定します。今回はDefaultCategoryDatasetクラスを使います。詳細は次のページで確認します。

5番目の引数にはエリアグラフの向きを指定します。指定可能な値はorg.jfree.chart.plot.PlotOrientationクラスで定義されており、次のどちらかとなります。

PlotOrientation.VERTICAL    値を表す軸がY軸
PlotOrientation.HORIZONTAL  値を表す軸がX軸

6番目の引数には凡例を表示するかどうかを「true」か「false」で指定します。

7番目の引数にはツールチップを作成するかどうかを「true」か「false」で指定します。

8番目の引数にはURLを作成するかどうかを「true」か「false」で指定します。

実際の使い方は次のようになります。

DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
JFreeChart chart = ChartFactory.createAreaChart("ビールシェア", 
                                                "年度",
                                                "シェア", 
                                                data,
                                                PlotOrientation.VERTICAL, 
                                                true, 
                                                false, 
                                                false);

実際のデータの追加方法は次のページで確認します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

Test1_1.java

import org.jfree.chart.JFreeChart;
import org.jfree.chart.ChartFactory;
import org.jfree.data.category.DefaultCategoryDataset;
import org.jfree.chart.plot.PlotOrientation;

import javax.swing.JFrame;
import java.awt.BorderLayout;
import org.jfree.chart.ChartPanel;

public class Test1_1 extends JFrame{
  public static void main(String[] args) {
    Test1_1 frame = new Test1_1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 500, 500);
    frame.setTitle("グラフサンプル");
    frame.setVisible(true);
  }

  Test1_1(){
    DefaultCategoryDataset data = new DefaultCategoryDataset();
    JFreeChart chart = 
      ChartFactory.createAreaChart("ビールシェア",
                                   "年度",
                                   "シェア",
                                   data,
                                   PlotOrientation.VERTICAL,
                                   true,
                                   false,
                                   false);

    ChartPanel cpanel = new ChartPanel(chart);
    getContentPane().add(cpanel, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のようにJavaアプリケーションが起動します。

エリアグラフ(AreaChart)

現状ではグラフのデータが含まれていませんので凡例なども表示されていません。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)