長方形を描画する(Rectangle2Dクラス)

広告

長方形を描画する場合はRectangle2Dクラスのオブジェクトを使用します。Rectangle2Dクラスはabstractクラスですので実際にはRectangle2D.Doubleクラス又はRectangle2D.Floatクラスを使用します。

※Rectangle2Dクラスの詳しい使い方については『Rectangle2Dクラス』を参照して下さい。

Rectangle2Dクラスは左上の座標、及び幅と高さを指定することで長方形の領域を作成します。コンストラクタの1つは次の通りです。

Rectangle2D.Double obj = new Rectangle2D.Double(x座標, y座標, 幅, 高さ)

具体的には次のように記述します。

public void paintComponent(Graphics g){
  Graphics2D g2 = (Graphics2D)g;

  g2.draw(new Rectangle2D.Double(30.0d, 70.0d, 100.0d, 60.0d));
  g2.fill(new Rectangle2D.Double(50.0d, 50.0d, 170.0d, 90.0d));
}

サンプルプログラム

簡単なサンプルを一度試してみます。

ShapeTest2.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Graphics;
import java.awt.Graphics2D;
import java.awt.RenderingHints;
import java.awt.geom.*;
import java.awt.Color;
import java.awt.BasicStroke;

public class ShapeTest2 extends JPanel{

  public static void main(String[] args){
    JFrame frame = new JFrame();

    ShapeTest2 app = new ShapeTest2();
    frame.getContentPane().add(app);

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  public void paintComponent(Graphics g){
    Graphics2D g2 = (Graphics2D)g;

    g2.setRenderingHint(RenderingHints.KEY_ANTIALIASING, 
                        RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON);

    BasicStroke wideStroke = new BasicStroke(4.0f);
    g2.setStroke(wideStroke);

    g2.draw(new Rectangle2D.Double(30.0d, 50.0d, 150.0d, 90.0d));

    BasicStroke normalStroke = new BasicStroke(1.0f);
    g2.setStroke(normalStroke);

    g2.setPaint(Color.PINK);
    g2.fill(new Rectangle2D.Double(60.0d, 70.0d, 220.0d, 50.0d));
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

長方形を描画する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)