連続した直線を描く

広告

次は複数の点の配列を用意し、最初の点から次の点へと順番に直接を引いてみます。GraphicsクラスのdrawPolylineメソッドを使います。

x 座標と y 座標の配列で定義され連続的につながった直線を描きます。座標 (x, y)
の各ペアは点を定義します。最初の座標と最後の座標が一致しない場合、図形は
閉じません。

パラメータ:
  xPoints - x 点の配列
  yPoints - y 点の配列
  nPoints - 点の総数

例えば4つの点を引数に指定した場合、1番目の点から2番目の点へまず直線が引かれ、次に2番目の点から3番目の点へ、最後に3番目の点から4番目の点へと直線が引かれていきます。

例えば下記のように使います。

public void paint(Graphics g){
  int xPoints[] = {10, 50, 20, 120};
  int yPoints[] = {80, 50, 20, 90};

  g.drawPolyline(xPoints, yPoints, 4);
}

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

GraphicsTest8.java

import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics;

/*
<applet code="GraphicsTest8.class" width="150" height="150">
</applet>
*/

public class GraphicsTest8 extends Applet{
  public void paint(Graphics g){
    int xPoints[] = {10, 50, 20, 120};
    int yPoints[] = {80, 50, 20, 90};

    g.drawPolyline(xPoints, yPoints, 4);
  }
}

実際にブラウザで見てみた結果は下記の通りです。

連続した直線の描画

下記で実際に試して頂くことができます。

GraphicsTest8.html

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)