Appletクラス

広告

アプレットを作成するには既に用意されているAppletクラスを継承したクラスを作成し、必要な機能を付け加えていく形で作成します。アプレットとしての基本的な昨日はAppletクラスで既に用意されているので、それを改良していくような感じです。

そこでまずAppletクラスについて見てみます。

  • java.lang.Object
  • java.awt.Component
  • java.awt.Container
  • java.awt.Panel
  • java.applet.Applet
  • public class Applet extends Panel

AppletクラスはPanelクラスやComponentクラスやContainerクラスのサブクラスとなっていて、色々なメソッドを受け継いでいます。どんなメソッドが使えるのかは詳しくみていきたいと思います。

イメージとしてはAppletクラスは何かを表示したり他の部品を置く為のパネルのようなものです。そのパネルに外から画像を読み込んで表示したり、ボタンを配置したりといったことが可能になっており、何をパネルの上に表示するかを自分で記述していくようなものと考えておいて下さい。

ではアプレットを作成するためにAppletクラスを継承したクラスを作成してみましょう。一番基本となる形式は下記のようなものです。

import java.applet.Applet;

public class AppletTest1 extends Applet{

}

クラス名の後に「extends Applet」と記述します。これでこのクラスはAppletクラスを継承したサブクラスとなり、Appletの機能を使うことができるようになります。

またJavaのアプリケーションプログラムの場合にはmainメソッドが必要でした。mainメソッドはstatic指定されたメソッドで、Javaのプログラムが起動する時にまず実行されるメソッドです。アプリケーションの場合はJavaのプログラムが自分で起動する必要があるのですが、アプレットの場合は既にブラウザなどが起動している状態で呼び出して利用されるものです。その為、アプレットには起動用のメソッドは必要ないためmainメソッドも必要ありません。

ブラウザを立ち上げ、アプレットを呼び出す記述があるHTMLページを表示しようとすると、ブラウザというアプリケーションが外部にあるアプレットのプログラムを読み込んで表示するということになります。(ただ、mainメソッドはありませんが、アプレットが最初に読み込まれたときに最初に実行されるメソッドというものは別途存在します)。

では次のページにて、アプレットを実際にブラウザ上で動かす方法を確認します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)