エミュレーターでの起動

広告

それではapkファイルとして作成されたアプリケーションをエミュレーターを使って起動してみます。

コマンドプロンプトを起動し起動するapkファイルが含まれるディレクトリに移動します。その後で「start emulator」と入力してエミュレーションを起動して下さい。(PATHの設定が行われている必要があります。詳しくは「PATHの設定」を参照して下さい)。

※コマンドプロンプトで「start」を使ってアプリケーションを起動すると独立したタスクとして起動することができ、制御をコマンドプロンプトに戻す事が出来ます。他のコマンドを入力する必要があるのでこのようにしていますが、普通に「emulator」として起動し、別のコマンドプロンプトを起動して頂いても結構です。

エミュレーターでの起動

エミュレーターが起動します。下記の画面が表示するまで待ってください。

エミュレーターでの起動

コマンドプロンプトで「adb install AndroidSample.apk」と入力して下さい。

エミュレーターでの起動

これでエミュレーターに「AndroidSample.apk」をインストールしました。ではエミュレーター上で「Applications」を見てください。

エミュレーターでの起動

Applicationsの一覧の中に先ほど追加したアプリケーションが追加されています。

エミュレーターでの起動

では「Hello Android」をマウスでクリックするか、方向キーで選択して中央ボタンをクリックして起動して下さい。

エミュレーターでの起動

作成したアプリケーションが起動します。

エミュレーターでの起動

( Written by Tatsuo Ikura )

Twitterでシェアする
関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。